おせち料理の語源と意味について

お正月の特別に作られる御馳走であるおせち料理について、その語源をご存知でしょうか。

おせちは漢字では御節と書きます。



節とは季節の変わり目など節目という意味を持っています。


古くはこの節目となる時期にお祝いをする習わしがありました。

この節目となる日に作られる特別な料理は節供(せちく)とよばれ、現在でもそんなごりのような風習が残っています。

例えば3月3日の草餅、端午の節句のちまきなどがそれにあたります。

一年を通してこのような特別な料理が作られていましたが、次第に節供の中でも特別なお正月につくられるおせち料理に関して節供に丁寧な言葉に着ける接頭語の御をつけておせちとよばれるようになり、特にお正月の特別な料理を指す言葉として用いられるように変化してきたといわれています。

おせちは正式な形としては四季を象徴するように四重にお重を重ねて盛り付けるのが正しいとされていますが、現在では形式のこだわらずに、核家族化などもあり食べきれないなどの理由から、あまりこだわることはありません。


よく知られていることですが、子孫繁栄を願って数の子を食べたり、魔よけの効果もあると考えられていた黒豆を健康(まめ)にすごせるように、また勤勉(まめ)に働けるようにという願いも込めて食べたり、お金がたまるようにとの願いを込めた栗きんとんなど、それぞれのお料理に願いが込められています。



それぞれの料理に込められた願いを一つ一つ考えながら楽しむのも面白いかもしれません。