日本のおせち文化について

日本ではお正月に家族で揃っておせちを食べる文化が古くから定着しています。


このため、多くの人たちにとってお正月の過ごし方としては当たり前だったのですが、ここ最近になって、この文化が見直されて始めています。
理由としてはこれまでのお正月の過ごし方が非常に忙しい人が増えてきており、どんどんと休みが取りづらくなっていることから、おせちのようなたくさんのおかずの品数を用意しなければならない料理がどんどんと減ってきているからです、こうした一般家庭の事情をくみして、大手の食料品会社などではおせちを販売するところも増えてきており、家庭の負担をできるだけ減らせるような取り組みが実施されるようになってきました。



現在では高級なものからコストが安くて大量に生産されているものまで、多種多様のラインナップで取り揃えられており、今後もこうした生産を増やしていくことで、日本の文化として定着していくような動きになっています。


日本のおせち文化については様々な研究がなされており、これまで数多くの合理性が説明されてきたのですが、その中のひとつとして、多くのおかずを用意する理由としては栄養バランスを考慮してバランスよく摂取することができる点にあります。



特に日本人は最近では欧米食文化を取り入れていることから、お肉の量が増えて、魚などタンパク質の摂取が減っているところを、お正月には煮魚やかずのこなどでしっかりと補っていけるように工夫がされています。